恥かしいけどアンダーヘアを脱毛したい!VIO脱毛の手順とは?

彼氏とエッチする段階になって、毛深さに唖然とされて引かれてしまうのは悲しくないですか?
「お前それ」と言われてボーボーの下の毛を見られたら、もう恥辱心でおかしくなりそうですよね。

それを考えて彼氏を作れない人だって一定数いるでしょう。
それくらいにアンダーヘアの毛って気になるところなのです。

また毛深い人にとって最も気になる部分はアンダーヘアではないですか?
他の部分は気楽に処理できても、アンダーヘアって処理しづらいです。

肌がすぐに荒れて真っ赤になる人もいて、とてつもなく処理しにくい部分なのです。
だが放っておくと、その部分を見られたら他がどんなに毛が薄くても「毛深い人だ」ということがバレます。

アンダーヘアを見たらその人が元々毛深い人かどうか一目瞭然なのです。
このせいで毛深い人ほどアンダーヘアのことで悲しい思い出や傷ついた思い出があり、一つ二つ傷を負っています。毛深い人からするとそういった嫌な思い出がありやすいのが、アンダーヘアの毛のエピソードなのです。

おかげでアンダーヘアの脱毛に関心がある人は多いでしょう。
でも脱毛をするのになかなか踏ん切りがつかない部分でもあります。

だってここの毛を刈り取るということはここの毛を他人に見られてしまうということです。
Vラインだけならともかく、VIO脱毛となるとどうしても下着を脱いで脱毛をするイメージが沸きます。

だから一時の恥は受けるだろうと思って、これが恥ずかしくて脱毛をするかどうか迷ってしまう人は多
いです。アンダーヘアで傷ついた経験がある人は脱毛施設のスタッフの視線はかなり怖いですからね。

ではそんなVIO脱毛の初心者のためにアンダーヘアの脱毛の手順をご紹介しておきますね。
これを知っていたら、ある程度は覚悟ができて、脱毛前に腹をくくることができるはずです。

VIO脱毛の手順はまず専用の衣服に着替えます。
そのときに紙パンツを装着して、紙パンツをづらしながら脱毛をしていくシステムで、VIO脱毛ができるサロンが今は増えているのです。

中には完全に下を履かずに脱毛する施設もちらほらありますが、今はお客さんのことを考えて最新の注意を払って恥ずかしくないように配慮してくれる脱毛施設が増えています。

このため紙パンツをずらしながらの施術を行ってくれるサロンが多いのです。ですからこの点安心してください。
心配ならその脱毛施設の体験談のことをネットでチェックしてみたり、カウンセリング時にどのような恰好で脱毛を進めていくか直接スタッフに確認しておくといいですよ。

こうすればどのように脱毛を進めていくのかしっかり分かります。脱毛の照射しないといけないので、紙パンツの面積は少ないので注意してください。

それにM字開脚のような感じの格好はしないといけないので、その点はご覚悟ください。一時の恥と思って我慢しましょう。

脱毛サロンの場合はほとんど脱毛スタッフは女性なので、安心してできます。
恥ずかしいと初めは思うかもしれませんが、相手はもうお客さんのものを見慣れているので、全然平気です。
仕事と思ってやっているので、あなたもそこまで気にする必要はないですよ。

いよいよ照射ですが、しっかり声をかけてから照射してくれるので身構えることができます。
Iラインなどはそんなに痛みがなくて安心するのですが問題はVラインです。
ここはものすごく痛いので、その辺覚悟しておいてください。バチッと衝撃がきますからね。

こうして脱毛後は保湿クリームでケアしてくれて、着替えて完了です。VIO脱毛はこのような流れで行います。

恥と痛みはありますが、そこを我慢すればできる脱毛ですので、アンダーヘアにコンプレックスがある人はぜひお受けください。